パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

川崎の卸売市場内にある意外なお店?!やわらかな朝日の差し込む空間で頂く極上のサンドイッチ達。「調理室池田」

2019年05月23日

友人から、「川崎市の北部市場に素敵なお店ができたんです。インスタグラムの写真もとても美しいのですよ」と教えてもらい、GWに訪問。
「調理室池田」は川崎市中央卸売市場北部市場内にあります。市場の真ん中にある【関連商品売り場棟】の1階、【青果棟】寄りの場所にあります。
東急田園都市線「たまプラーザ」駅から東急バス(虹ヶ丘営業所行)に乗り、「平津三叉路」下車。詳細は川崎市のHPから見られるので店舗情報にリンクを貼っておきます。
向かいのお店は包装用品を扱っていたり、普通の市場と同じ雑然とした様子なのにここだけは切り離された異空間。

連休中ということもあり満席でしたので、店内の雰囲気は俯瞰で。1階は調理スペースとカフェスペース。オープンキッチンではその日提供されるケーキなどが並べられ、奥様が食べ物を調理し、ご主人様が一杯ずつ丁寧にコーヒーをドリップ。このキッチンの後ろの窓から差し込むやわらかな朝日を受けながら動くご夫婦の姿はまるでフィルム映像のようで見惚れてしまうほど美しい。

サンドイッチは定番メニューのツナメルト(市場で購入したマグロで作ったオイル煮を使用したもの)が一巡目分完売。出来上がるのに少し時間をいただきますとのことでしたので、今回はローストポークのキューバサンドを注文。網で焼いたサクサクのパンにローストポーク、キャベツの酢漬け、ガーリックや粒胡椒が大人の味付けでとても美味しい。パンは鷺沼の「ビゴの店」のものを使用されているそうです。

前日にここを訪れた友人が絶賛していたヴィクトリアケーキ。カステラのように甘めのスポンジは表面が少しカリッと焼き上がっていて、苺のコンフィチュールとバタークリームがサンドされてます。8時頃の訪問で残り3カットと大人気商品ですので早めの時間の訪問をお薦めします。この他にはホワイトチョコをかけたベリー系のパウンドケーキもありました。

2階はアンティーク商品のギャラリーになっていて販売もしています。

撮影するのにどこを切り取っても美しい。

コンクリート打ちっぱなしの空間は寒々しくて本来は苦手な私ですが、ここは年月を重ねてきた物たちから感じられる温かさがあり心地いい。

「調理室池田」はBreakfast Antique Gallery の店ですので、営業時間が朝7時から13時LOになります。早起きして美味しい珈琲とサンドイッチでゆったりとした時間を楽しんではいかがでしょう。
11:45からのランチは1種類のみ、前日までの予約が必要です。
ご自宅でなさっていた料理教室もこちらでなさっています。こちらのお店を教えてくれた友人も連休中に料理教室に参加し、とても楽しかったと報告がありました。いろんな楽しみ方ができるお店ですね。


パン屋さんのご紹介

調理室池田
川崎市宮前区水沢1-1-1 川崎市中央卸売市場北部市場 関連棟 45 MAP
営業日
7:00〜13:00LO/13:30閉店
ランチ開始は11時45分からになります。
(13:00 LO/13:30CLOSE)
定休日/市場に準ずる(原則水・日・祝日)
ホームページ
http://ikepro.petit.cc/
INSTAGRAM
https://www.instagram.com/ikeprox/

おすすめパン

キューバサンド(ローストポークサンド)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。