パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

パン好きが「一度は行きたい!」と熱望する、完全予約制のパン屋「人舟(イセン)」

2019年04月19日

数か月に一度のパン友達とのパン屋巡り。今回一番の目的は千葉県長生郡長生村にある「人舟(イセン)」。以前は「naya」という名前で当日販売のパンもあったのですが現在は完全予約制、土日のみ営業です。
簡単に予約方法を記載します。その週の金曜日朝7時スタートでお店のホームページから商品を予約するのですが、常連である“めぐりスト”の岡田さんから事前に練習しておいた方がいいと聞きカートに入れるのも予習していたにもかかわらず、この日は秒速で次々ソールドアウト。サイト上のレジで精算終了した7:03時点で食パン、クロワッサン、カンパーニュは買えず…。でも買いたいものを数点買えたのでほっと一安心。予約の際は個数制限あるものや、土曜と日曜の日にち指定を間違える方もいらっしゃるそうなのでご注意くださいね。

お店の場所は九十九里有料道路から一本内陸に入った道沿い、一松海岸近くの住宅地にありました。木が生い茂る先に建物がありますが、とてもワクワクするロケーションです。ジブリの世界っぽい?

建物左手に大きなガラス張りの部屋があり、以前はそちらでカフェ営業もなさっていたそうですが、今はパンの製造&販売のみになっています。店内は写真撮影不可なのですが、フランスの片田舎にある農家のような朴訥とした雰囲気ながらアンティークのインテリアなどが使われ時間の流れがゆるやかに感じます。

予約をしないと買えない、場所は都心から遠い、店内の撮影は不可、など並べて書いてしまうと訪れるのをためらってしまいがちですが、納得できる理由がきちんとありました。自家製酵母を起こし、ホームページに掲載された販売予定のパンを見れば毎週違うパンが並んでいて、通ってくれるお客様を飽きさせないようにとの心配りが垣間見られます。また、商品廃棄などのロスを無くし、一人一人のお客様と向き合う時間を持ちながらパンを作っていきたいという思いも、あの空間にいると伝わってきます。穏やかな笑顔で迎えてくださり、丁寧に確認をしてパンを渡してくださる時間は本当に幸せなひとときでした。遠くてもまた来たくなる人が多いのも納得です。

さて、いよいよパンの説明です。
購入したなかで1番気に入った悶絶ものの“野菜のキッシュ”(450円)内税。
パイ生地ではなく、スコーンのようにザクザクほろっと崩れやすい生地。人参、かぼちゃ、さつまいもはほっくりとして甘く、みじんぎりにした玉ねぎと小さめにカットしたベーコン(自家製の塩豚っぽい)、ブロッコリーが食感や味を引き締める。ベシャメルソースや粉チーズももちろん使われていて、コクもあるのにあっさり、ボリューミーで後を引く美味しさ。こんなキッシュ初めてです!また食べたい、食べてる最中でも無くなるのが惜しくて、食べたいのに食べたくないという訳の分からない感情に襲われます(笑)

“日向夏酵母の食パン”(600円)内税。
1本2斤サイズなので友人とシェア。手渡されたパンの袋の中で間違いなくずっしりと一番重い。ということは水分を多く含んでいるはず。そしてあまりにやわらかいので持ち帰る間に腰が折れてしまった(涙)。
カットしている時点から包丁に吸いつく生地。口の中に感じる微かな酸味は柑橘の酵母からくるものだろう。しっとりむちむち色っぽい。甘みはない。もっちり生地が好きな私はとても気に入ったのだけれど、主人はここまでの水分量は苦手らしい。トーストすると小麦の甘い香りがして、酸味も少し増したように感じる。表面は水分が抜けてカリカリ、内側は十分に水分を保ってしっとり。この酵母の味に合わせるものは何かなと考えて、軽い酸味のあるクリームチーズに蜂蜜をたらーりと垂らして食べてみたら相性ばっちり♪今朝、冷凍したものをリベイクして食べましたが、もちもち感も変わらず、一枚より二枚、二枚より三枚食べたときのほうがこのパンを好きになりハマっている自分に気づきました。次も食パンは必ずgetします!

”チョコレートスコーン”(250円)内税。
ザクザク、グラノーラを食べているような感じ。固まりのミルクチョコがどーんと入ってしっかりとしたおやつになっている。これ、ヤバいほどはまった。次回もリピします!

“ドライフルーツと木の実(ハーフ)”(600円)内税。
こちらもずっしり重い。そしてかなりの高加水。生地に対して1:1?それ以上のドライフルーツの量。ホットワインに使われているようなスパイスがふわっと香り、次に柑橘の強い香りと味。オレンジピールのようで少し違う。悩みながら味わってこの苦みの感じはおそらく自家製の日向夏のピールでしょうか?かなり記憶に残るお味です。イチジク、レーズン、くるみ、アーモンドを確認、むっちりとジューシーなパン。トーストするとパン生地の味、小麦の味が感じられて非常に美味しい。

「人舟」のパンはどれも美味しすぎて、量の多かった食パン以外は冷凍する暇がないほどあっという間に食べ終えてしまいました。次は行ったことない友人をお連れして、「人舟」さんの魅力をどんどん広めたい、と思いました。あっ、でも広めたらますます入手困難になってしまう?(苦笑)


パン屋さんのご紹介

ISEN(いせん)
千葉県長生郡長生村入山津803-2 MAP
電話番
0475-32-3246(電話予約はできません)
営業日
土・日の13:00~16:00(予約したパンの受け取りのみ)
ホームページ
http://isen.blue/

おすすめパン

野菜のキッシュ(450円)内税
木の実とドライフルーツ(ハーフ)(600円)内税

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。