パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

湘南小麦の味わいを思いっきり堪能!北鎌倉のゆったり時が流れる雰囲気に溶け込んだ「にちりん製パン」

2019年01月30日

昨年5月のパンめぐメンバーでの鎌倉パン屋巡りで訪問できず、ずっと行きたかったお店が北鎌倉駅からほど近い「にちりん製パン」さん。鎌倉在住の友人と駅で待ち合わせ。冬晴れの青空が気持ちいい。

北鎌倉駅西口改札を出て、目の前の道を左手(鎌倉方面)に進むと3分ほどで道路右手にお店があります。斜向かいには鎌倉散策ではよく名前の挙がる精進料理「鉢の木」があるのでわかりやすいです。

レンガ、白い壁、木材を使ったスッキリとした外観から、シェフが作られるパンを想像できて期待がさらに増します。

一坪ほどの店内。年代物と思われる味のある棚には、シンプルな顔つきながら食べたら絶対主張してくるぞ、と思わせる食パンや丸パン。

津野シェフがガラス越しにこっそり写っています(笑)。使われている小麦粉は、伊勢原にあるパン屋「ムールアラムール」のシェフであり創麦師である本杉正和氏の石臼製粉プラント「ミルパワージャパン」で製粉したものや、湘南小麦の玄麦を店内工房にある石臼で挽いた全粒粉などの国産小麦。イーストは使用せずレーズンから起こした酵母とルヴァンの自家製酵母2種類を使用し、パンの種類によって使い分けていらっしゃいます。

レトロシックなガラスケースに入れられたパン。パンと空間の互いを引き立てあう心地よさや、一つ一つのパンの朴訥とした温かい表情に見惚れてしまい、パンが並ぶショーケースの全体像を写真に収めることを忘れてしまいました(汗)。

ショーケースの中のパンの一部。

表情が一つ一つ違う動物パン“はりねずみ”と“ねこ”。「この子がいい!」と指名買いできるかもしれませんよ♪

お店の外から見えるところにも飾られていたのですが、店内でも目を引くミニチュアパン、そしてお店のパンをモチーフにしたイラスト。イラストレーターでもある奥様のこずえさんが個展を開かれた際に描かれたものだそうです。温かく優しいタッチがお店の雰囲気にぴったりです。

友達の家でしゃべり倒して夕方に帰宅。いよいよパンを実食。
“食パン”。店内に置かれていた食パンは二山で一斤サイズのもの。半斤でも買えるためお願いしたら「半斤サイズで焼いたものもありますがどちらになさいますか?」と聞かれたので半斤サイズのものを購入。油脂類や砂糖不使用。表面には全粒粉でしょうか、細かい粉をまとっています。カットするとクラムは茶色。爽やかな小麦のいい香りが噛みしめるごとに口中から鼻腔に広がっていく。さらに食べ進めると爽やかさから甘みへと味が変化しどんどん強くなる。またしても1枚ぺろりと完食。本来は半分は生食、半分はトーストで味わうことにしているのですが、湘南小麦などご当地小麦が好きな私は誘惑に負けてしまうのです(苦笑)。生ではしっとりしていた食感が、トーストするとカリカリカリッといい音!内側はほわっとやわらかくややむっちり。香りもさらに強く感じます。

“湘南小麦の全粒粉パン”。湘南小麦を店内石臼で自家製粉した全粒粉を65%配合。食パンよりガツンとくる小麦の香り。小麦好きにはたまりません!全粒粉のつぶつぶ食感が心地いい。噛みしめていくと食パンで感じた甘みより塩み?旨み?を感じます。シンプルだからわかる小麦の美味しさを「小麦の味を知りたい」と思い始めたパン好きさんに食べてみて欲しいです。

“はりねずみ”。バターを練り込んだふんわり生地でホワイトチョコシートとくるみを包み込んだパン。全粒粉のプチプチ食感、小麦の美味しさもしっかり味わえるのですが、上記二つのパンにはないバターの味をはっきりと感じることができる。ここまで生地の感じが違うことに驚きです。可愛くて美味しそうでガブリといくとはりねずみの棘にやられました(笑)。ミルキーなホワイトチョコの甘さは寒い冬に温かい飲み物と一緒に頂くのにぴったり。

“ねこ”。バターを練り込んだ生地にミルクチョコとマカダミアナッツを包み込んだパン。歯切れがよく軽い食感、口の中の水分と混じりあい溶けていく。マカダミアナッツの油分とミルクチョコの油分が滑らかさをプラスして生地の美味しさとマッチする。

“ほうじ茶ときな粉のパン”。きな粉のまぶし方が美しくて惹かれます。バターを練り込んだ生地に、ほうじ茶の粉末ときな粉を素焚き糖(奄美諸島産さとうきび原料だけを使用したミネラルと風味豊かな砂糖)やバター、練乳などと合わせたペーストを包み込んである。お茶の炒った香ばしさと素焚き糖の優しい甘さが余韻となって長く残る。すごく美味しいです。

どのパンにも使われている自家製粉の湘南小麦の全粒粉の美味しさを存分に味わえる「にちりん製パン」。丁寧に淹れた好きな飲み物を用意してじっくり味わっていただきたいです。やわらかい物腰と話し方をされる津野シェフですが、お店のブログを読むと違う一面が垣間見えてクスッと笑えるのでこちらもチェックしてみてくださいね。


パン屋さんのご紹介

おすすめパン

湘南小麦の全粒粉パン(210円)税込
ほうじ茶ときな粉のパン(210円)税込
ねこ(240円)税込

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。