独創的な組み合わせのパンから伝統的なパンまで、全てハイクオリティ!大阪の名店『パリ・アッシュ』


大阪、中之島の「ダイビル」。大正時代に建てられた歴史的な建物を2013年にリニューアルしてとても素敵なビルになっていますが、その1Fにあるパン屋さんが「パリアッシュ」さんです。

お店に入ると、ロゴにもなっている豚のオブジェが吊るされていて、目が釘付けになってしまいます。まさに空飛ぶ豚!

入ってすぐ右手に、焼菓子類が並んでいます。インテリアの小物も可愛らしいものが揃っていて、店主のセンスを感ずることができます。

午後伺ったので、肝心のパンはこのバゲット1本とサンドウィッチのみ。予約必須のお店です。

残っていたサンドイッチはこちら。「自家製リエットと無塩発酵バターのカスクート」。

リエットが自家製って凄いこだわりですね。

予約しておいて、購入したパンです。左上から時計回りに

「ハードトースト」ドイツ産減農薬小麦、酵母、塩と少量の喜界島産粗糖を使用。小麦の味わいがしっかりと感じられる絶品。

「脆弱なほうじ茶(ほうじ茶とマスカルポーネ)」この組合せは絶妙です。

「エスカルゴ・テ・ベール」(抹茶デニッシュ)

「漆黒のマロン(栗とチョコとナッツのライ麦パン)」

「カンパーニュ」パリアッシュさんにはまったきっかけのパン。絶対に外せない一品です。

 

「エスカルゴ・テ・ベール」です。

抹茶を練りこんだデニッシュ生地で粒あんとオレンジピールを巻き込み焼かれています。和のテイストとデニッシュ生地のマッチングが見事。

「漆黒のマロン(栗とチョコとナッツのライ麦パン)」有機栗とチョコレート組み合わせがたまらない、ずっしりと重い一品。まるで高級なお菓子のようです。

そして、今回お邪魔したメインの目的は、このシュトレンの購入です。電話予約開始の日に200回リダイアルして漸く繋がり、この日の購入に漕ぎつけました。

種類は2種類、「シュトレン・アルザシアン」と「イチゴのシュトレン」

このイチゴのシュトレンが欲しかったのです。今までのマイ・ベスト・シュトレンです。

 

どのパンを頂いてもハイ・クウォリティが約束されているお店。東京にも進出してくれればいいなあと思っています。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。