パンラボ池田浩明氏監修ポップアップベーカリーが限定オープン!渋谷・koe lobbyであつあつバゲット窯出しショー!


今年2月に開業した渋谷のホテル「hotel koe tokyo」。

JR渋谷駅ハチ公口から渋谷公園通り方面に歩いて徒歩5分こちら以前PARCOがあった場所です。

このホテルの地下1階にあるbread&dining「koe lobby(コエロビー)」に、「(パンおたくからの)注文の多いバゲット専門店」クリスマス期間限定オープン!

株式会社ストライプインターナショナルの「koe(コエ)」が展開する、ファッション・音楽・食・宿泊など多彩なコンテンツを提供するホテル併設型店舗「hotel koe tokyo(ホテル コエ トーキョー)。

若い渋谷の街にぴったりな雰囲気です。

今回はパンラボ池田浩明さん主催の「あつあつバゲット窯出しショー」に参加しました。

朝早く8時15分からスタート。

そもそも最初はコッペパンを主に提供していたそうですが、今流行りふわふわ柔らかい食パンブームに逆らい、池田浩明氏がハード系バゲットを提案して監修。

ハード系パン好きとしては、次に来るのはバゲット!なんて勝手に期待しております。

 

コエロビーのベーカリーシェフ・渡邊大氏がパリで出会ったバゲットをヒントに、100%北海道産キタノカオリを使って作り上げた焼きたての「koeバゲット」を手に持ってもらいました。

キタノカオリの特徴は?

独特の風味とモッチリした食感、また色もカロテノイド色素を多く含んだクリーミーな色合い、粉の風味がとてもよく、日本人に会うパン仕上がるのがポイント。

キタノカオリの小麦粉は農家さん泣かせのようで。なかなか出荷するのが厳しくなるようです。

来年には100%キタノカオリでパンを焼くことができなくなると言われなんだか悲しくなります。

 

今回は協力を得て、参加者の皆さまと、成形、生地にクープを入れる瞬間、釜入れから窯出しまで、隅々見せて頂きました。

シャッターチャンスバッチリで、最初緊張気味だった渡邊シェフも次第に笑顔が溢れてきました。

今回の「あつあつバゲット窯出しショー」ではバゲット+珈琲+粒あんとゴルゴンゾーラのトッピングバゲット。

そして付け合わせに、発酵バター、コンフィチュール、Bocchiのピーナッツペーストが付きました。

http://bocchi-peanut.jp/

 

バゲットに会いたくて再訪問。

期間中、もちもち食感の「低温長時間発酵のkoeバゲット」と、カカオを練り込んだ「ブラックカカオバゲット」、柔らかい「ホワイトソフトバゲット」などのスタンダードバゲット3種(各Sサイズ180円、Mサイズ250円、Lサイズ350円、XLサイズ850円)のほか、ワイン漬けレーズンを使った「ワインレーズンのミルクフランス」(250円)、あんことゴルゴンゾーラチーズを使った「あんこゴルゴンゾーラ」(350円)など、バラエティーに富んだ約25種のバゲットが楽しめます。

★11/29~1月末 バケットフェア開催中!

20種以上 180円~

食べきりサイズのプチホワイトソフトバゲットとブラックカカオバゲットを注文。

こちら生ハムにチーズがサンドされたバゲットサンド。

パスタやサラダ、軽食メニューもあります。

渡辺シェフにより引き続き美味しいパンは提供されますが、バケットフェアは予定として1月末まで。

ハード系パン好きとしてバゲットに期待してます。

(記事の内容は2018年12月12日現在です。)

 


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

koe lobby コエロビー
東京都渋谷区宇田川町3-7 ヒューリック渋谷公園通りビル hotel koe tokyo1F  MAP
電話番
03-6712-7257
営業日
営業時間:7:30~23:00(L.O.22:30)※モーニングは7:30〜11:00
定休日:なし

おすすめパン

お勧めはパン食べ放題の「パンブッフェ」はなんと594円。
飲み物は別料金。
ロールパン、食パン、全粒粉パン、フランスパン、イングリッシュ、紅生姜ぱん、パスタパンなど7、8種類揃っていました。
朝7時半〜11時まで。

一覧へ

この記事を書いた人

大谷 りえ子

大谷 りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760