パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

栗使いも流石のラインナップ!秋の装いのブラーンジェリー・パティスリー・トルトゥレール・アダチ(横浜・センター南)

2018年11月20日

伊豆のお店の頃からずっとリピートしている、横浜・センター南の「ブーランジェリー・パティスリー・トルトゥレール・アダチ」さんのラインナップもすっかり秋の装いとなりましたのでご紹介したいと思います。

 

栗のパンがずらり!

これは「栗と林檎・バニラのセーグル」です。ライ麦生地に栗の渋皮煮、林檎、バニラ、マカダミアナッツが加えられていて、ほんのり甘い栗の生地との相性抜群。

こちらも栗のパン。画像上は「栗粉とピーカンナッツのパン」、下左が「パン・ア・ラ・シャテーヌ(栗粉のパン)」、下右がカシスと栗のパン。

これだけ栗のパンの種類が豊富なお店はなかなかないです。

前回からはまっているのが「パン・ド・ミ」。しっかりと詰まったクラムは絹のように滑らかで、ほんのりと甘く、またモチモチです。

角食タイプと山型タイプとがあります。

勿論クロワッサンも変わらず絶品。レスキュール・バターを惜しげもなく使った、大きいクロワッサンはリベイクすると素晴らしい香りを放ちます。

パン・ド・ミは2種類購入して食べ比べてみました。山型タイプのほうがモチモチで角食タイプは木目細かいクラムです。

栗のパンはシンプルなものから木の実入りのヴァリエーションまで、好みに合わせて買われるといいでしょう。

栗とパンの好きな方は、アダチさんにGO!


パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

岡田亮

岡田亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。