パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

「パン・ド・グロワール」がおすすめ!大阪を代表する商店街の温かい人柄溢れる「パン屋のグロワール」

2018年11月05日

グロワールのオーナー、一楽千賀さんとの出会いは「希望のりんご」陸前高田ツアーでご一緒したのがご縁。

お店には昔ながらのパンや季節のフルーツ・旬の野菜を使ったパンがあったり、電車で遠くのパン屋さんに行かなくても天然酵母のパンやパリパリのフランスパンが並べられています。

今回はお店の方へ初訪問。

場所は千林大宮駅からすぐ、千林商店街が有名で大阪を代表する商店街のひとつです。

地元に根付いたどこか懐かしさのあるパン屋さん。

パン・ド・グロワール(540円/1本)

お勧めはこちら、グロワールの名を冠するくらいこのお店の看板商品の一つ高級デニッシュ食パン。

デニッシュ生地のパネトーネ種はとは?

イタリア北部のコモ地方の伝統的な自然発酵種(天然酵母)です。

パネトーネ種を使うと、発酵熟成時旨味を引き出す酵母(サッカロマイセス-エクスギュース)と、焼成中も風味の良さを残す数種の乳酸菌(ラクトバチルス-サンフランシスコ等)が複合して働きます。また、発酵・焼成時にパンを改良し、特徴のある美味しさの、伸びの良いパンをつくることができます。

長時間発酵で生地の旨味を引き出し、パネトーネ種を用いることで、生地のphを低下させ、細菌の繁殖を防止して、さらにパンの味や香りを良くしています。

パネトーネ種はお店のホームページより引用。

 

迷った末に抹茶と丹波産黒豆を購入。

ハーフサイズ  324円

そのまま食べても美味しいですが、トーストするとさらにバターの風味が増し、サクサクした歯応えある食感に変わります。

どこか頼りになる明るい一楽千賀さんとパン・ド・グロワールを手にツーショット。

旦那様は黙々と厨房でパンを焼いてました。

お店の横にはダンボールが積み上げられて、箱の中は梅田にあるデパートへの催事用のパンでした。

「ぼっかけカレーパン」このネーミングに惹きつけられて。
神戸長田区発祥のぼっかけとは何?
牛すじとこんにゃくをお醤油やみりんなどで約2時間ほどじっくりコトコト煮込んだ甘辛いおかず。
これをカレーと炊き込パン生地に包んで揚げてるカレーパン。
プルンプルンの牛すじとこんにゃくの食感が好き。

自家製酵母の希望のリンゴ 216 円

岩手県陸前高田のりんごと自家製酵母で仕込んだ北海道産小麦を生地に練りこんだハード系パン。

「希望のりんご」は2011年3月11日の東日本大震災で被災した土地に残ったりんご農家のりんごの木に花が咲き、林檎の実が赤々と実ったのを見て名づけられたものです。

パン屋のグロワールはリンゴ農家を支援する目的で、毎年「りんご食パン」や他のパンを作っています。

 

 

リンゴ農家「和野下果樹園」金野秀一さんででのりんご摘み取り作業を思い出しながら、食べてると感動の味!

 

12月の情報

グロワールも12月15日土曜日には毎年恒例のシュトーレン試食会を行います。

ピオーネピオーネシュトーレンは、神宮寺田中ぶどう園さんのピオーネを使ったレーズン入りです。

パン王子ことパンヲカタル浅香正和さんと、シュトーレン試食会のレジェンドパンロット山田慎さんと一緒に城東区のマチカフェさんで16時からです。

大阪にいたら行きたいけど残念。

 


パン屋さんのご紹介

パン屋のグロワール Gloire
〒535-0002 大阪府大阪市旭区大宮 3-18-21 MAP
電話番
TEL 0120-517-314
営業日
営業時間 7:00~20:00
■定休日 毎週水曜日
■市営地下鉄谷町線「千林大宮」駅より徒歩2分
■京阪電車「千林」駅より徒歩15分

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760