パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

北海道に行くならこれ!「VIRON」と北の大地の味覚がコラボレーション!@新千歳空港

2018年04月04日

レアなパン情報を記事にしてみようと思い、2016年に札幌を訪れたときに購入できたとっても美味しいパンをご紹介します。

私の兄夫婦が札幌に住んでいること、主人が鉄道好きで寝台特急が引退する前に全部乗りたいということでこの数年は年に2回以上北海道に遊びに行き、パン屋巡りなどしていました。
いつもは空港滞在時間は短いのですが、たまたまこの時は大雪で飛行機の搭乗時間まで3時間近くあり、空港を散策するにあたりスマホで検索。おや?なんだかとってもレアなパンが空港で買えるじゃないの~。

新千歳空港国内線ターミナルビル2階にある「美瑛選果」。JAびえいがセレクトした旬の野菜や、北海道土産にちょうどいいオリジナル食品が販売されています。
“びえいのコーンぱん”がちょうど焼き上がり時間になりそうだったので店舗まで移動。

14時過ぎにお店に行ったところ、すでに販売されていたようで行列はなかったので完売しちゃったかなあと恐る恐る店員さんにお聞きしたら「まだありますよ」と。やったー!!
人気商品のため、お一人様2箱まで。一箱5個入りでバラ売りはありません。

焼き立てで箱の底が熱い!これはその場で食べなきゃ!!

見てください、このコーンの量!生地とコーンが半々くらいの分量ではないでしょうか。どこを食べても甘いコーンの粒々に当たります♪水や砂糖を使わずスイートコーンの水分と甘さで焼き上げているそうです。うーん、贅沢。また食べたい!

“びえいのまめぱん”。これは毎日1回焼き上げ、開店時にしか販売されません。コーンぱんより購入するのにハードル高いです。
主人が札幌出張の際、東京に早い時間に戻って来なければならなかったそうで、それならまめぱんが買えるかも、と飛行機の時間より早めに空港に行って並んでくれました。ありがたや、ありがたや。
本当は前の人でまめぱんは売り切れてしまったところ、その方が「僕はコーンぱん二つで構わないから」と譲ってくれたのだそうです。なんていい人がいるのでしょう!!

豆の形をしたパンには、これでもかと隙間なく5種類の豆が乗っています(小豆、黒豆、手亡、金時豆、青えんどう)。

断面はこちら。中にも豆がちゃんと入ってます♪5種類の豆は味も香りも違うのでじっくり味わいながら楽しみたいパンです。北海道のコンビニ「セイコーマート」で売ってる豆ぱんも好きですが、こんな贅沢なパンもいいですね。

最近のインスタで見かける片手でパンを持って撮影するという技。主人は2年も前から習得していたとは(笑)電車だけでなく飛行機オタクでもある主人のこだわりの写真。
おかげ様で美味しいレアなパンを食べることができました!

おまけ情報。
“丘のおかし あずき”。
美瑛選果ではこのようなフリーズドライのおやつも販売しています。このあずきはほのかに甘く、サクサク軽い食感で口の中でサラッと溶けていきます。この商品は有楽町の交通会館内にある店舗でも購入できます。
パンは新千歳空港でしか買えませんので、お気をつけくださいね。


パン屋さんのご紹介

美瑛選果 新千歳空港店
千歳市美々新千歳空港 国内線ターミナルビル2F MAP
電話番
0123-46-3300
営業日
営業時間:8:00~20:00
定休日:無休
HP
https://bieisenka.jp/store/shinchitose.html

おすすめパン

びえいのコーンぱん(5個入り1,080円)
びえいのまめぱん(5個入り1,080円)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。