パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

西宮・夙川エリアは実力派パン屋さんがいっぱい!美しいパンが並ぶ実力派・torico.(トリコ)

2018年04月16日

西宮・夙川エリアはおいしくて素敵なパン屋さんがいっぱい❣️
兵庫県のお花見で有名なのが夙川公園(夙川河川敷緑地)。約1660本もの桜が夙川沿いに立ち並んでいます。
桜が終わってもパンを持ってランチ食べるには絶好の場所。
夙川から苦楽園に向かい歩いてパンめぐするのもお勧めです。
私が住んでた頃は坂道が多いので車での移動が殆どでしたけど、歩く楽しみもあります。

時々どうしても夙川エリアのパンを食べたくなります。先日、タイミングよく妹がパンと一緒に東京に来てくれました。

場所は阪急夙川駅徒歩5分南改札口から出ます。
東側へ歩いて行くと、半地下のビルにお目当の隠れ家的なお洒落なパン屋さん『torico.(トリコ)』があります。

ご夫婦で切り盛りしてるこじんまりとした店内。
午前中はパンの種類もいっぱい並んでるので問題なく購入できます。
タイムリーで送ってもらった写真でお店の商品をチェックしながら妹にパンを頼みました。

生地の表面のかたちがすごく綺麗で、丁寧に生地を扱われてる事が伝わるようなパンでした。
それもそのはず、こちらのお店は、関西のパン好きの方には有名な「Le Sucre Coeur(ル・シュクレクール)」で修行したご主人が夙川に開いたお店なんです。
「ル・シュクレクール」は、パン好きにはよくよく知られた関西が誇るパンの名店で、池田にお店ががあった時一度お邪魔したことがあります。2016年春に北新地に移転しお店もスタイリッシュな開放感のある広いお店へと変わりました。

クロワッサン 170円
典型的な少し小ぶりなかたち、外はパリッと中はしっとりタイプのクロワッサン。

発酵バターが折り込まれたサクサク感は朝に食べたくなるクロワッサン。

ヴィエノワこはる 140円
抹茶を練り込んだ生地の中に求肥とあんこが包まれています。
和菓子のようですがパン生地と求肥とあんこのバランスが口の中で調和して、パン屋さんの和を味わえます!

綺麗なクープのバゲット

ヴィエノワは種類が多く迷いましたがシンプルな味に、おやつにもいいですね。

パンオシトロン
クロワッサンの生地をグルグル巻きにした小ぶりのパン。
初夏にピッタリ、柑橘系のさっぱりとしたサクサク感がいいですネ。

夙川から苦楽園口にかけてお勧めのパン屋さんはこちら。
*コンセントマーケット
夙川駅近くにあります。
*アミーンズ オーブン
夙川駅から少し歩きますが、一軒家風でイートインできます。
*フリアンド
支店が夙川駅前のダイエーの地下にもお店があるのでそこも便利。
*リョウイチヤマウチ
苦楽園口駅から歩き、住宅街にあります。
*ラ バゲット ド パリ ヨシカワ
苦楽園口駅

ざっと思いついただけでもこれだけ!
とにかくパン屋さんとケーキ屋さんには恵まれたエリアです。


パン屋さんのご紹介

torico. トリコ
兵庫県西宮市大井手町3-6 ヴァンベール夙川 B1F MAP
電話番
0798-73-0818
営業日
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜・月曜
facebookページ
https://www.facebook.com/torico-391156884271263/
阪急夙川駅から徒歩すぐ、東側の横断歩道を渡ったら鉄橋のしたをくぐりすぐ。住宅地への入り口になる角のビル地下1階
夙川駅から101m

おすすめパン

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760