パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

文化と歴史の町・松本「ブーランジェリー・シエル」で思い出した、絵本でみた幸せなパン屋の風景。

2018年04月13日

先日、家族で長野県松本に一泊旅行に。周りの友人におすすめのパン屋さんを教えてもらい、パン屋めぐり(^^)。
まずは、朝食をイートインでいただいた「ブーランジェリー・シエル」さんをご紹介します!

場所は「松本市美術館」のすぐ近く、あがたの森公園のすぐそば。歴史的な建物もあり、文化の香りが漂う松本エリアは歩いて散策するのにも見てまわるところがたくさんあって楽しそうです。

ブーランジェリー・シエルさん。入り口から清潔感があり、さりげなくおしゃれな観葉植物やオブジェが。

扉を開けた途端目に入ってくるたくさんのパンたち!鮮やかなアクアブルーを基調としたカラフルな店内!!

焼きたての香りと共に「パン屋の幸せ」オーラが全開で、子供達ももれなくテンションアップ。

うちのおませな長女(5歳)が好きなクロワッサン。
私はパンを焼きますが、クロワッサンは中々作らないので、パン屋さんに行くと必ずリクエストされます。

彼女にとって、パン屋さんの美味しい思い出はクロワッサンになるのかな?と思うと、美味しそうに、ボロボロとこぼしながら食べるその顔が本当に微笑ましい。

色とりどりのデニッシュからサンドイッチまで種類も豊富で、朝の時間帯から次々とお客様がいらっしゃっていました!

店内奥にイートインスペースがあり、ここで朝ごはん。
なんと、絵本コーナーがあり、パンにまつわる絵本がずらっと並んでいました。

朝から、まるで絵本の中のパン屋さんに来たような、なんともほんわかとしたムードに。

(しかし最後の最後に2才の次女がコーヒーをこぼし、アタフタアタフタ。。。お店の方すみませんでした!)

子供達がはんぶんこしていたクロワッサン。美しいですね〜。

私がオーダーした生ハムのカスクルート。イートインの時はお皿に出してくれます。
バゲット生地がしっかりとしていて、塩気もちょうど良い!シンプルイズベスト、とはこのことですね。

スタンプも可愛い、ドーナツも。ふわっと柔らかい生地であっと言う間にペロリと食べてしまいました!

帰りぎわには、ハードなものも並んでいましたが、今回は他にも回る予定だったので買わず。
でもきっと美味しいんだろうなぁ。。。

どのパンも奇を衒わず王道でありながら、しっかりと美味しい。
それでいて気取りすぎていない。

町に寄り添ったパン屋、と言うのでしょうかね。家の近くにあったら嬉しいし、地元の方にとっても愛されてるお店だろうな、と感じました。

それにしても、晴れた朝のパン屋、ってやっぱりちょっと特別。


パン屋さんのご紹介

ブーランジェリー・シエル
長野県松本市県1-2-14 MAP
電話番
0263-31-5502
営業日
営業時間:8:00~19:00
定休日:月曜日
ホームページ
http://www.boulangerie-ciel.jp/

一覧へ

この記事を書いた人

オオト ヨウコ

オオト ヨウコ さん

パンイチ!主催、パンのオオトヤ店主。 DJとしての音楽活動、飲食店勤務を経て、子育てをしながら独学でパン作りを始める。自家製酵母を使ったパンが評判となり、受注販売を開始。 現在は山梨県に移住し、イベントなどを中心にパンの出張販売やケータリングをしている。自然に近づき、より生活に根ざした食のDIYを実践。2児の母。 BLOG→http://otoyoko.blog.fc2.com/