パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

夜7時2分にオープンする贅沢なブランジェリー「パリの空の下」(世田谷・下馬)

2017年12月07日

週の平日に3,4日。しかも最近は夜のPM7:02~からオープンというブランジェリー「パリの空の下」。行列必至ですが、サンドイッチや季節ものが美味しそうなので、トライしました。店は黄色い店構えが目立ちます。シェフはパリにいたとか。。フランス行った方はわかる世界観。パンの袋も「あっ。」というあちらによくあるデザインの紙袋で嬉しい。

2~3名しか店内に入れないので、オープンしても、買えるか分からないようで、やきもきしました。すでに両手に沢山の袋を抱えて出てきた人が数名。。沢山買う方がいるよう。
ショーウインドウには、総菜パンとタルトが。。その上には焼きたてパン。
美味しいと噂のリンゴ系のタルトや殆どのサンドは30分で、もう殆どなし。。
が、どれもこれも美味しそうで、サンドイッチは高いですがお肉の調理や、ソースなどフレンチお惣菜といった趣。
シュトーレンなどは予約のようでした。。こちらから尋ねないとわからない雰囲気。。

左がクロワッサン・右が、リッチなクロワッサン
焼きたてが夜に食べれるのもいいですね♪

私とお友達が購入したのは、
・クロワッサン
・クロワッサンリッチ
・クイニーアマン
・アンガス黒牛のローストビーフのサンドイッチ
・天然ヒラマササンドイッチ(本日山盛り)
・(タルトポワールパンプルムース←洋ナシとグレープフルーツ)タルト
〇クロワッサンは高級なバターをこれでもか!というくらい入っているリッチかつ幾層にも連なるパリパリ感が、贅沢な気分になりました。
〇クイニーアマンは、キャラメルが塩気があり、パンとカリカリのキャラメリゼが絶妙。甘くないです。
〇サンドイッチはお肉もおさかなも、レアでいけそうな新鮮な食材を時間をかけて調理し、パンは、クロワッサンとは打って変わり、ソースと共にメインのお肉やおさかなを邪魔しないチャパタパンとヴィエノワーズ風パン。けど、全体で、美味しい!!と満足。

私がいいなと思ったのは、タルトです。以前から季節の美味しそうなタルトやお菓子を是非食べてみたいと思っていました。
タルトの下の生地、果物のまわりのフィリング、すべてが甘すぎず、硬すぎず、素晴らしい。いままでタルトは生地が邪魔やおまけと思うこともあったのですが、こちらは、流石です。勿論果物の具合も素晴らしい。お値段はちょっと。。でもなかなか食べれないタルトだと思いました。
売れきれていたりんご系のタルト(もしくは季節もの)は是非またトライしたいです。
手間をかけて作られたものを、時間をかけて買いに行き、いただきました。
ご馳走様。この言葉が似あうパンでした。


パン屋さんのご紹介

パリの空の下
東京都世田谷区上馬5-40-13 MAP
電話番
記載なし
営業日
店主ブログ検索にて、月間のスケジュールを確認。
営業時間:主に火曜から木曜 19:00頃~無くなり次第終了
ブログ
http://yumipain.blog63.fc2.com/
twitter
@paris_SORA

おすすめパン

季節のタルト
クロワッサン 400円
クロワッサンリッチ 450円

一覧へ

この記事を書いた人

saomari さん

パン屋さん巡りが大好きです。自分では思いつかないアイデアや技を使ったパンに出会うと嬉しいです。インテリアや設備を含めて、パン屋さんでは、ジロジロ観察してしまいます。 宜しくお願いします。