パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

沖縄・名護市「Pain de Kaito(パンドカイト)」は人が集まるあったかい空間!

2017年11月22日

沖縄離島巡りを3日間楽しんだのち、最終日に本島観光。天気予報が雨だったので自然の風景を巡るツアーをキャンセルし、ベタですが美ら海水族館へ予定変更と決めたのが前日。しかーし、朝起きたら快晴で、嬉しいような残念なような複雑な気分…。
那覇市内に泊まっていたのでレンタカーで美ら海水族館のある本部町まで2時間ドライブなのですが、行くまでの道中で寄れそうなパン屋をチェック。
名護市にある「Pain de Kaito(パンドカイト)」さんは2年前の新宿タカシマヤの催事と新宿伊勢丹の催事で購入してとても美味しく、本店に寄りたかったのでドライブルートにあってラッキー♪
駐車場に着くと、その日はお店の方のご友人達が集まっていらしたのか、お店の外は楽しそうな笑い声で溢れていました。店内にもお客様がいらしたので少し待ってから入店。

店内は明るく、ショーケースに整然と綺麗なパン達が並べられています。お店のドアを開けて入った瞬間の見た目と香りの印象はパン屋巡りをしているととても重要に感じます。可愛らしい女性スタッフさんにお薦めなど聞きながら写真を撮らせていただきました。

ショーケースの上のディスプレイも可愛いな♪と、よく見たらこのTシャツ販売してるんです!しまった、帰宅して写真を見ていて気付きました…。パンがデザインしてあるものって集めたくなるんですよね。

バゲット3種類!旅先じゃなかったら持って帰りたかったけどすでに荷物がパンパンなので断念。

スタッフの方に聞いたお薦めはハード系だそうです。種類ありますね。

クロワッサンやキッシュの棚。キッシュも好きだけどこの暑さで持ち歩くのは怖いので諦めました。

全粒粉100%の生地を使ったパンやバゲット生地を使った惣菜系など。

タルトフランベにベーグルまで!!

極めつけはこの色も形も綺麗なデニッシュ達。催事で買った紅芋デニッシュが想像以上に美味しくて印象に残っていたのでまた出会えて嬉しいな。

帰りの空港でちょうど小腹が空く時間になりそうなので、この時期限定の“れんこんステーキサンド”を購入。ハンバーガーみたいなフォルムに一目ぼれ。

直径4cmほどの可愛いサイズながら、迫力ある2cmはありそうな厚切りのれんこんがドーン!れんこんはシャキシャキ、チーズをシート状に焼いたものはパリパリ、パンはふんわり、と食感の違いがいいですね。味付けはれんこんの穴の部分にマスタード、マヨネーズなどが感じられます。ヘルシーだけど食べごたえもあって満足。

“ショコラクロワッサン”。外側にシロップを塗ってあるのかな、ほのかな甘さ。リベイクすると端の方はカリッとした食感に。チョコレートはヴァローナ社のものを使っているそうで、酸味のあるビターな味が好みでした。

“秋のライ麦パン”。柚子がパーンと香ったあと、栗の甘さに秋を感じながら、カシューナッツの食感とコクが広がっていきとても美味しかったです。この組み合わせ、好きかも。
これから数軒回るつもりなのでこれしか買えませんでしたが、美味しいと思っていたパン屋さんの本店に来られて、それだけで満足です。そうそう、パンの値段がとても安かったことも印象的です。東京ではこの美味しさのパンをこの価格では買えません!シェフの努力が感じられ、ますます地域に根差していくのでしょうね。

【おまけパン屋情報】
実は名護市でもう一軒パン屋さんに立ち寄ったのですが、小さいお店で一人で製造から販売までこなしているため店名は伏せていただけるとありがたいです、とのことでパンの紹介のみこちらで。
“塩バターロール”。パンの底にバターが染みだしリベイクするとジュワーッとなる。表面には岩塩があったのだけど翌日なので溶けてしまいました…。朝にちょうどいい塩分とモグモグできる適度な硬さ。

“ちょこっぺ”。9cmの小さい白パンにチョコチップがたっぷり。ふんわりしていてお子さんたちが好きそう。もちろんチョコ好きの私も美味しくいただきました♪

“黒糖メロンパン”。沖縄県産黒糖使用。一番人気とのこと。翌日でしっとりしてしまったので軽くリベイク。普通のクッキー生地と違い甘さが控えめに感じる。そして全体的に香ばしい。パン生地も底の方はサックサク、中はパフッとして軽い。食べ終わったあとに鼻から黒糖の甘い香りが抜けていくのがなんともいえず、初めて食べるメロンパンに一番人気も納得の美味しさ!
店主の女性がとても美人ながら気さくな方で、パンもしっかり見ましたがお顔にも見入ってしまいました(笑)ここでパン屋を開くに至った経緯などお聞きしたくなる、雰囲気のある魅力的なお店でした。


パン屋さんのご紹介

おすすめパン

“秋のライ麦パン”(200円)

一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。