パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

豪快にガブリ!が正解!恵比寿のバインミー専門店『EBIS BANHMI BAKERY』

2017年11月14日

バインミー専門店は最近都内でもちょこちょこ見かけますが…。
『EBIS BANHMI BAKERY』は8月8日にオープンしました。
場所は、JR恵比寿駅西口東側にあるレトロな雰囲気、生鮮食品から服飾・飲食店などが並ぶ老舗のショッピングセンター。

バインミーとはベトナム語で「パン」のこと。
フランス文化が残るベトナムでは、フランスパンが主流なんですね、

こちらのバイミーは自家製、中はフワフワ、 外はカリカリの特徴あり中の具材とばっちり❗️
お店の方に聞くと、本格的なバインミーを提供するため、ベトナムにある老舗ベーカリー「HUNG YEN BAKERY」で住み込み研修を行なったとのこと。

お店のホームページより。
"ベトナム北部ヴィンフック省の省都ヴィンイェン市の老舗ベーカリー
「HUNG YEN BAKERY」は、今では珍しいベトナム本来の製パンにこだわった店です。
その味は市内で評価され、地元のバインミー専門店にパンを卸しています。
私たち TORU & TOONG は、2週間の住み込み研修で、
その技術を基本から忠実に学ばせてもらいました。
ベトナムのリアルな生活、食文化から培った「ベトナムの味」。"

本格的な味が日本で味わえますね(^ ^)

ナマス、ニンジン・パクチーなどがたっぷり入り、ほのかなビネガーの酸味とスパイスが効いてボリュームたっぷり。
現地ではナマズ揚げがポピュラーだそうですが日本では鯖での提供。

サバとトマトソースの組み合わせが、何ともエキゾチック。

パリパリのバインミーと共に思いっきりかぶりついちゃいましょう。

テイクアウトにはこのようにきっちり包んでますので、このまま食べるのが正解。
包み紙を全部外して食べると、洋服が汚れてしまいます。

揚げ鯖のトマトソース煮込み 630円
自家製パテのバイミー630円
ミニサイズ450円


パン屋さんのご紹介

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760