札幌市街が一望できるお店!長時間低温発酵パンが人気の『ルルド』


札幌の郊外、宮の森の山の中腹に自宅を兼ねた素敵なパン屋さん「ブランジェリー ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド」があります。店名が長いので「ルルド」で通用するようです。お店の前からは札幌市街が一望できます。郊外にありながら、お客さんが次々と来店。

シェフは洞爺湖のウィンザー洞爺出身で、フランス人ブーランジェに師事したとのこと。同時期にブーランジェリー・ジンの神(じん)シェフもいらしたようです。
パンは長時間低温発酵で、ハード系を中心に30種類くらいあります。どれもいい焼き色ですね。

栗やフルーツと組み合わせたパンも種類豊富。店内には素晴らしい香りが満ちており、購買意欲を掻き立ててくれます。

人気のクロワッサンは2種類、ノーマルと全粒粉。焼き色が濃く、大き目のクロワッサンでリベイクするとバターの甘みが広がります。

ヴィエノワズリも充実しており、他にキッシュもあって選択肢は広いです。

少し遠いですが、わざわざ足を運びたい宮の森の素敵なパン屋さんです。


パン屋さんのご紹介

ブランジェリー ラ・フォンティヌ・ドゥ・ルルド
札幌市中央区宮の森4条12丁目10-1 MAP
電話番
011-616-2320
営業日
平日 10:00~18:00  
土曜・日曜・祭日 8:30~18:00
定休日:火・水
ホームページ
http://miyanomori-lourdes.com/

おすすめパン

クロワッサン(ノーマル、全粒粉)

一覧へ

この記事を書いた人

岡田 亮

岡田 亮 さん

本業は会社員。休日は北海道から石垣島まで日本全国パンを求めて彷徨う旅人。海外はパリを重点に エッフェル塔も凱旋門も見ずにパン屋とスイーツとビストロ巡り。お米は年に数回しか食べない変な日本人です。