パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

いちおしパン屋さん

人の温度が伝わるパン。ヴィーガン・カフェ「ALASKA zwei」(池尻大橋)

2017年09月05日

池尻大橋と中目黒の間、山手通りをちょいと入ったところに佇むヴィーガン・カフェ「ALASKA zwei」(アラスカ・ツヴァイ)。
"zwei=ツヴァイ"はドイツ語で"2"、こちらで9年間営まれてきた「ALASKA」の歴史を受け継ぎ2016年9月にリニューアルしたお店です。


パンの販売は入り口・レジ横です。
初めて立ち寄った際、女性スタッフが厨房で結構な大きさの生地と格闘?しているのが目に入り、「手捏ねなんですね!」と思わず声を上げてしまいました。
販売しているパンについて尋ねると、「パン、お好きなんですか?」と嬉しそうに答えてくださいました。
パン好きの人には判るであろう、パンのことを話し始めると体温が0.5度ほど上がるアノ感じです。

豆乳パン
発酵はホシノだそうです。日本の食卓に合う酵母ですよね。
もちっと噛み心地よく、ほんのり甘い香りが立ちのぼる優しいパンです。

じゃがいものフォカッチャ
こちらはイースト発酵だそうで、ふわっとした食感を出しつつ、練り込んだマッシュ・ポテトでしっとりとした生地になっています。

くるみ・有機あんぱん
豆乳パンの薄皮生地に、コクのある胡桃と共に有機栽培の粒あんがいっぱい入っています。人気商品だそうです。

店内ではボリュームあるヴィーガン・メニューがいろいろいただけます。
写真はある日のスープ・プレート。ケール入りの緑のスープにパンがどっしり! 満腹・満足な食事ができます。

気持ちの入った食べ物が美味しいのは間違いありません。


パン屋さんのご紹介

ALASKA zwei(アラスカ・ツヴァイ)
東京都目黒区東山2-5-7 MAP
電話番
03-6425-7399
営業日
11:30~21:00(L.O.20:30) [月・火・木・土・日]
11:30~22:30(L.O.21:30) [金] 
水曜定休
Facebook
https://www.facebook.com/alaskazwei/

一覧へ

この記事を書いた人

前川 昌子

前川 昌子 さん

パンとベーグルがあれば、この世は天国。 幡ヶ谷・634BAGEL店主。 G.デザイナー~子育て主婦~事務&管理職~ベーグル屋←今ここ。 作るも食すも大好き過ぎるパンにベーグル、身体のほとんどが粉もので出来ている。 ちなみに実家は蕎麦屋。 634BAGEL H.P→http://634bagel.com/