深大寺にほど近い焼き菓子とパンの店ロントモン


深大寺からほど近い住宅街の片隅に、ひっそり佇むロントモンさん。

入ってみると、店内には所狭しと焼き菓子やパンの並べられて、奥のかまどからいい匂いが立ち込めています。

店内はそんなに広いスペースではないのですが、店主、知り合いの作家さんたちの趣ある雑貨が展示・販売されており、全体的にとても落ち着く空間です。

店内には、シュークリームやマカロンなどが並んだショーケース。もちろんパンも並んでいます。

店主の多島さんはパティシエ出身。
同じ主婦として小さいお子さんを育てながらのお店をやっていくという上でわたしたちと共感する部分がたくさんあって、ついつい時を忘れて話し込んでしまいました。

さて、本日買ったパンはいうと、
自家製天然酵母を使って丁寧に作られた「パン」と名付けられたパン。
皮がしっかりしていて、中はモチっ、どすっです。決して軽くはないけど、粉の味が噛むと最後にぐっと残るパンです。
そのままでも、バターで焼いても、オープンサンドにしてもパンが負けない感じ。

上記の「パン」に期間限定で作られた自家製ゆずピールの入ったパン。
ほのかな酸味とパンのしっとり感とが相まって、私はバターやジャムなどをつけずにそのままいただきました。

ちょうどバレンタイン前ということで、家族にチョコのテリーヌとチョコシュークリームも購入しましたが、気がついたら食べられていて写真撮れませんでした。(泣)子供たちは「美味しい〜」とご満悦だったので、次にまた自分用に買いに行こうと思います。

リピート率高めのパン屋さん&焼き菓子屋さんになりそうです。


この記事に関連するキーワード

パン屋さんのご紹介

ロントモン
東京都調布市深大寺東町6-18-63 MAP
電話番
042-444-3830
営業日
定休日:日曜日、月曜日(不定休)

一覧へ

この記事を書いた人

中田 よし子

中田 よし子 さん

吉祥寺で開催されるパンのイベント「パンイチ!」を主宰、中田ベーカリー店主。 東日本大震災を機に、サラリーマンからパン業界へ。代官山老舗ブーランジェリーなどで修行後、新しいパン屋の形としてフリーのパン屋を始める。 それと並行し、パンの新しい可能性を探そうと、オオトヨウコと2人でパンイチ!を2014からスタート。 家では8歳のやんちゃ双子の母。