山梨パン屋巡り④かわいいパンダマークが目印!hana panda(甲府市上阿原町)


「ぶどう畑のパン屋さん」という文字が前から気になっていたhana pandaさん。
パンダマークが目印です。

午前中に来店したので、パンを選ぶ間に次々に焼きたてのパンが並べられていきます。焼きたての香りは、いつでも食欲をそそりますね!
焼きたてホヤホヤのカンパーニュを持ち帰る幸せと言ったら!

忙しい中、お店の方は私の質問にも丁寧に教えてくださり、とても親切でした。ありがとうございます!
お店のパンはぶどうの自家製酵母を使ったパンも多数あり、店主さんのパン作りへのこだわりを感じます。ハード系のフランスパン生地を使ったパンもおすすめとのこと。

また、可愛らしい菓子パンも充実していて、子供を連れてきても心を鷲掴みにされそうな雰囲気が素敵でした。
こういうパンも日本のパン屋さんならでは、と思う今日この頃です。娘たちはこういうパンを見て、本当に目をキラキラさせます。かわいいなぁ!

カレーナン
カレーパンは他にも2種類あったのですが、辛い方が好きなので、「どれが一番辛いですか?」と尋ねると焼きたてのこちらを出してくださいました。持ち帰ってもほんのり暖か。
確かにスパイシー!シンプルなナン生地の上にペースト状のカレーが塗られています。
他にも焼きカレーパンやバターチキンカレーパンがありました。他のカレーパンと食べ比べてみるのも面白いですね。

いちごクリームデニッシュ
お店の方にオススメを聞くとデニッシュ系もサクサクと軽めの生地で人気ですよ、と教えてくださったので、こちらのいちごクリームデニッシュを購入。

フォルムも可愛い。デニッシュはフォルムにやられてしまう。
中にもピンク色の甘酸っぱい苺クリームがとろっと入っていて、サクサク生地との相性バッチリでした。

イチジクとクルミのカンパーニュ
お店の方に、ハードなものが好きなんですとお伝えすると、後もう少しで焼きたてカンパーニュができますよ、と教えてくださったので、しばし待つことに。
焼きたての熱々を持ってきてくださり天板から選ぶ特別サービス。プレーンやカレンツ入りのものも見せていただきましたが、今日はイチジクの気分だったので、こちらを購入。

ハード系でも食べやすく仕上げている、というお店の方のお話の通り、酸味や癖はあまりなく食べやすい生地。
クラストのカリカリとクラムのふわふわ。しかも家に持ち帰ってもまだ少し温かい。
帰ってすぐに一切れ切ってつまみ食い。あぁ、なんか幸せだわ。と一人台所で思ってしまうのでした。

こういうパンはすぐに冷凍すれば、後でも美味しく食べられるので、大きいままで買うのがオススメです。


パン屋さんのご紹介

hana panda
山梨県甲府市上阿原町57-2 MAP
電話番
055-222-1687
営業日
9:00~17:30(なくなり次第閉店)
日曜(不定休あり)

一覧へ

この記事を書いた人

オオト ヨウコ

オオト ヨウコ さん

パンイチ!主催、オオトパン 店主。 DJとしての音楽活動、飲食店勤務を経て、子育てをしながら独学でパン作りを始める。現在は山梨県に移住し、週に1度の直売と通信販売、イベントなどを中心にパンの販売をしている。小麦も育て中! BLOG→http://oto-pain.com/