パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

イベント

<イベントレポート>パン好きのための至福の一週間!「ISEPAN」で出会う一流の技!

2018年05月29日

1+

パン好きのための祭典「ISEPAN」が今年もスケールアップして開催。一流のシェフたちが新宿伊勢丹本店に集結。

523日(水)~28日(月)最終日午後6時終了まで。

パンの世界大会・「モンデュアル・デュ・パン」の日本代表のパンをはじめとする凄腕職人が勢ぞろいしてます。

普段なかなか買いに行けない地方の人気店など、パン好きの心をくすぐるパンが期間限定で出会えます。

※モンデュアル・デュ・パンって、どんな大会?

アンバサドゥール協会が主催する、フランスで行われる世界一を決める大会の一つ。

見た目のみではなく栄養面や健康面も評価の対象となり、二人一組で若手(22歳以下)のアシスタントとのコンビで競うパンの技術向上と職人の交流を目的とした大会です。

その大会に日本代表として出場したシェフが会場で実演販売してる様子が拝見できるなんて胸キュンです。

 

*ブーランジェリーフリアンド

谷口 佳典シェフ

厨房で忙しそうに指示しながらパンを形成してるシェフの姿。

関西は夙川にある、地元に親しまれてるお店で、家の近所だったので尚更東京でお会いできると嬉しい。

・ドームカシス  648円

中身はこんな感じです。

2色のブリオッシュ生地にカシスのフィリングが詰まっています。

外側が香ばしく、中がしっとり、ふんわりと柔らかなブリオッシュ。

カシスのフィリングの甘酸っぱさがいいですね。

・パン・オ・セレアル 843円

*ブーランジュリー パリゴ

安倍 竜三シェフ

バゲット・ド・トラディション 292円(1個) 

小麦の風味がしっかりと感じる店を代表する食事パン。

最初の一口で塩味を感じ、口の中徐々にほのかな甘みが感じられるように変化してこれは私の好みのバゲット。

りんごのデニッシュ541円

外観だけ見ると、りんごがどこに入ってるのかしら?と思いますが、

サクッとしたパイ生地に挟まれた酸味を少し感じるりんごが美味しい。

 

そして青山パン祭りでは試飲でしたが、今回はカネカ食品さんから「パン好きの牛乳」を販売してます。221円

後味スッキリで、私はパンに合わせても十分な価値があると思っています。

その横ではパン好きの牛乳を使ったクロワッサンやフォカッチャなど山崎シェフが焼いたパンが並びつい買いたくなってしまいますネ。

山崎シェフはお店に出ることはないので、イベントで出会えるパンは貴重です!

<山崎 隆二氏>

パンの味と技術を競う世界大会「クープ・デュ・モンド」の2002年日本代表のチームリーダーとして優勝を飾る。1994年〈ジョエルロブション〉に勤務、1997年から帝国ホテルに勤め、数々の賞を獲得。現在は、原料メーカー〈カネカ〉にテクニカルアドバイザーとして在籍。

 

今回は、普段食べることができない山崎氏のパンを期間限定ショップにて販売してたのが嬉しい。

「パン好きの牛乳」を使ったクロワッサンとフォカッチャを購入。

 

 

他に、365日も初出店、13時からはツオップが販売開始、奥のスペースでは全国お取り寄せパン特集が開催。

そこにはVIRONの系列ニシカワ食品のパンも数種類並び、関西以外では滅多に買えないので嬉しい。

袋パンながら特徴があり、また違う空気感のスペースが誕生してました。

 

※ニシカワ食品

兵庫県加古川市に本社があるニシカワパンは、戦後創業60年以上の歴史を持つ老舗のパン製造会社です。

ニシカワフラワー 181円

見るからにカロリー高そうですが、今回は気にせず完食。

2種類のパン生地にミルククリームをロール。

ニシカワパンでも創業以来ロングセラーのスイートなパンです。

しっとり牛乳パン 181円

羊羹ちぎりパン(日糧製パン株式会社)

これはなんとも不思議な黒く艶やかなパン?

北海道ではコンビニやスーパーに当たり前のように売られている ようかんパンです。

なんと40年以上の歴史があるようで、ようかんをチョコレートのようにパンにコーティングしているため、黒光りしているように見えるのですね。

お天気が良い日は、伊勢丹の屋上ガーデンで食べるのがお勧め、偶然にもお隣にいた方とパンのお話で弾み、最後にはパンの交換会になりお互いに食べ比べしました。

売り切れで夕方近くまで待たないと焼けないパンに幸運にも出会えました。

ブーランジュリー パリゴの「黒豆と大豆のカンパーニュ 」

ハード系好きとしては気にならないわけがない!
屋上のテーブル席でナイフを入れた瞬間のパリッとした音からもう美味しさ伝わってきます。
黒豆の風味が一気に広がりハード系好きな人には堪りません。

大阪・天満橋に本店を構える『パトリエ フクモリ』

福盛幸一シェフの素材や製法にこだわった何もつけなくても美味しい食パン、その名も「やわ肌食パン」一斤540円も人気。

 

今回も盛りだくさんのISEPAN!でした!

期間5月23日(水)~28日(月)最終日午後6時終了

伊勢丹新宿店本館6階=催物場

イートイン営業時間:各日午前10時30分~

※ラストオーダー:各日終了30分前

#isepan


一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事