パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

イベント

ワインとシュトレンで大人のクリスマス🎄

2017年12月04日

0

🎄シュトレン食べ比べ会🎄

ドイツではクリスマスの4週間前から一切れずつ食べ始め、イブの夜に「最後の一切れ」を食べてクリスマスを迎えるのが本場ドイツの習慣🇩🇪

最近じわじわと人気が高まり店頭にも並ぶようになりました。

発祥の地ドレスデンで作られるクリスマス用のシュトレン「ドレスドナー・クリストシュトレン(Dresdner Christstollen)」は、2010年に商標登録され保護の対象となってます。
なんと、小麦粉1kgにつき、使用できるのは500gのバターor溶かしバターの上澄み、650gのレーズン、200gのレモンピールとオレンジピール、150gのアーモンドと分量配分が定められています。

今回は国内外12種類のシュトレンを用意してイベントを開催しました。

なかなかシュトレン1本購入しても食べきれませんよネ。

パン好き仲間が集まりワインと一緒に大人のクリスマスを楽しみました。

シュトレンが勢揃い並ぶと圧巻です。

 

関東以外のシュトレン

*アトリエ・タブリエ
札幌市でパン教室をいている森本まどかさん。
各地でイベントも開催してます。
イタリア産栗粉とイタリアの栗のシロップ煮を贅沢に使ったシュトーレン。
北海道小麦粉と天然酵母そして10年間継ぎ続けたドライフルーツの洋酒漬けが熟成されて芳醇な甘みが特徴です。

*トラン・ブルー
飛騨高山でぜひ訪れたいパン屋さん。
老舗のパン屋さんの店主の成瀬正さんは大正元年創業の「なるせパン」の4代目。

見た目真っ白で雪がかぶってるみたいな姿、切るとザクザクした食感とナッツの香りがいい感じです。

 

* ベッカライ&コンディトライ ヒダカ
2007年に世界遺産登録された石見銀山遺跡、自然豊かな石見地区と大森の街並みの中にある島根で本格派ドイツのパン屋さん。

*ベッカライ ヘスティア
熊本市西梶尾町にある夫婦で経営してるアットホームなお店。
ラム酒に漬け込んだドライフルーツをたっぷり練りこみ、シナモン、カルダモンなど香辛料を加えじっくりやきあげたドイツの焼き菓子。

*パン屋たね
店構えは小さいながらも国産小麦にこだわったハード系を中心にメロンパンなど甘い系もあります。
金沢の泉ヶ丘高校近くの『ニュー三久泉ヶ丘店』奥にある一軒家です。

*happyDELI代表梶晶子
西荻窪の一軒屋で天然酵母パン教室を開催してます。
「ポリパン®」を中心としたパンは簡単に作れるので人気。
シュトレンはマロングラッセとローストアーモンドがたっぷり入ったオーガニックドライフルーツのシュトレン。

なんとフライパンで焼いたシュトレンはしっとりと味わい深い。

*パンのオオトヤ
パンイチ!を「中田ベーカリー」とともに主催するオオトヨウコが店主の「パンのオオトヤ」。
2016年、山梨県に移住、イベントでの販売や受注販売を中心に販売しています。
ドライフルーツを黒糖焼酎に浸け、粉は北杜の麦工房ナチュさんの希少なスペルト小麦を使用。

柿がたっぷりと入るシュトレンは珍しい日本ならではの味わい。

*タンネ 浜町本店
ドイツパンの種類が豊富なお店でイートインスペースも広く明るい雰囲気のお店。
厨房ではパンのマイスターが焼く伝統的なシュトレン。

 

*ブーランジェリー・ジャンゴ
練馬にある小さなお店ですが種類は豊富。
シュトレンは黒ゴマとダークチョコ、黒と黒です。

いつも個性的なシュトレンが並ぶお店です。

*ブーランジェリー・ヌクムク
練馬から三軒茶屋に移転したパン屋さんのモーニングセットは魅力。
与儀高志シェフの今年のシュトレンは、『栗と和三盆とチョコ』です。

和三盆を入れることによりとしっとりした甘さが優しい甘さになってます。

*メゾンミコのビオ・ブッターシュトレン
ドイツ・ヴィリンゲンにある創業1861年の老舗ベーカリー”ベッカライ・フォン・デア・ハイデ”
鉱山で4週間熟成させたオーガニックの原材料を使用したビオブッターシュトレン。
南青山公園で開催されたドイツフェスティバル2017で購入。
ネットでも購入できます。

*呉寶春麥方店
台湾で世界一になったパン屋さん。

今回もシュトレンを囲みながら素敵な笑顔をありがとう。

シュトレンはこんな食べ方もあります。

ドイツでは朝食にも時々テーブルに並ぶそうです。

バルミューダ焼いたら甘さが少し抑えられてこんがりと、また違う食感が味わえます。

ちょい足しで楽しむこともできますヨ❣️

例えばこんなトッピング。

サワークリームとクロテッドクリーム

焼いたらお勧めかなと、パンの生地に近い『ベッカライ ヘスティア』さんのシュトレンを選びました。

家族でクリスマスを楽しむアイディこれからも見つけたいです。

 

 


一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事