パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

クラフトビールをひきたてるパン特集

お酒の弱い私でも飲めるクラフトビールは、パンとの相性も良し!!

2017年10月04日

0

 

“ビールに合うパン”を持ち寄ってペアリングを探す企画のお話を頂いた当初は、「ビールほとんど飲めないしどうしようかなあ…」とすごく悩みました。でも、試飲させていただく6種類のクラフトビールの情報を得たときに、ポンと思い浮かんだパンがありました。

世田谷区三宿にある「シニフィアン・シニフィエ」の“ピカン”。赤・白・緑の3種類の粒胡椒とカシューナッツを入れて焼いたしっとりもっちりしたパンです。シニフィアンで一番好きなパンでワインとの相性がいいと思っていましたが、宮崎県「ひでじビール」の“日向夏の風”という『日向夏のストレート果汁を使用した爽やかな一杯』という説明を読み、「粒胡椒のはじける爽やかさと柑橘の爽やかな風味が合うはず!」と今回持ち寄りました。
実際に合わせてみると思った通りの相性の良さ!!想像と実際が合ったときって嬉しいものですね(*^_^*)

もう一軒、くーっと飲み干すイメージのビールに合うパンを考えたときに思いついたのが、初めて食べたときに「これ、めちゃめちゃ美味しい!」とつい口に出てしまったほどの明太フランス(かねふくの明太子使用、噛むとバターと明太子がじゅわーっと染みだし延々と食べていたい美味しさ!)がある三軒茶屋「ヌクムク」。今回の企画に参加されためぐりストさん、運営スタッフの方々からも「この明太フランス、うまっ!」と叫んでいただけるほど人気があって、選んだ私は最高に幸せな気分でした(*^_^*)

与儀シェフがとてもいい方で、「何かビールに合うパンでお薦めありませんか?」と事前にお聞きしたところ、お酒に弱い私の代わりに考えてくださり、当日は“ガーリックベーコンフランス”(写真左)と“明太フランス”(写真右)を持ち寄りました。
大好きな明太フランスには岩手県「銀河高原ビール」“爽快のヴァイツェン”。水とホップのみの伝統的なスタイルで作られた、まろやかで軽めな味わい。アルコール度数の高い濃いめのビールが合うのかなと思っていましたが、合わせてみるとクセのないシンプルなビールの方が明太子の魚介の香りを邪魔せずに合うと感じました。
ガーリックベーコンフランスには岡山県「宮下酒造」“優爽のヴァイツェン”。『バナナを思わせる甘い香り、優しい口あたり』の説明の通り甘めでまろやか。大手のビール会社のドライ系みたいなタイプが合うのかなと思っていましたが、ガツンとくるガーリックをビールの甘さが受け止めてくれるように思えました。

今回パンとのペアリングを考える為に試飲させていただいた6種の「J-CRAFT」ビールの特徴は、非加熱・無濾過で酵母を活かすために徹底したチルド温度管理により出来立ての味わいを楽しめます。お酒の弱い私が試飲とは言え、みなさんが持ち寄った大量のパンとの相性を確かめるためにかなり飲みましたが、具合悪くなることなく最後まで美味しく飲めたのは酵母のおかげかな?と不思議に感じました。
一口にビールと言ってもこんなに味わいが違うのだなと知ることが出来、何もつけなくてもパンとビールが相性がいいことを発見できたこと、めぐりストの皆さんが持ち寄ったパンがパンの特徴をよく考えてセレクトされていて、とても有意義で満足度の高い時間を過ごせました。


一覧へ

この記事を書いた人

岩田聡子

岩田聡子 さん

パン屋さんめぐりは人と人を繋ぐ。転勤族&専業主婦の私でも気づけばパンを通じて友達の輪が!!旅行好きな主人と地方のパン屋もめぐってます。

関連記事