パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

クラフトビールをひきたてるパン特集

クラフトビールとパンのマリアージュ🍺

2017年10月05日

0

最近街でもよく見かけるようになったクラフトビール。
ビールの味や香り、色も多様化が進んでますネ。
今回パンめぐリストのお仲間と『J-CRAFT』に合うパンを持ち寄り検証しました。

三菱食品が発売するビール『J-CRAFT』(ジェイ-クラフト)とは❓

『J-CRAFT』は、ビールの個性を引き出すため、
出荷から店頭に並ぶまで、10℃以下で温度管理されている。
そして、三菱食品ではこの温度管理するビールをチルドビールと名づけて、新しいビールの選択基準を提供しています。
チルドビールと一般的なビールの違いは、酵母を除去せず、熱処理もしない。

 

とのこと。

パンより先にビールの味が気になります。

今回お酒は好きでもすぐに酔ってしまう私が選んだビールとパンはこちらです❣️

*ベッカライ ビオブロートのロジィーネンブロートと『J-CRAFT 香爽のフルーティホワイト』(醸造:DHCビール)」

私のようにあまりお酒が強くない方でも富士山の伏流水を100%使用し、フルーティーな香りが飲みやすいビール。
苦味をほどよく抑えることによって、女性やビール初心者も心地良く楽しめる。

このビールに合わせたパンはベッカライ ビオブロートのロジィーネン。

ロジィーネンはレーズンの意味で、フォルコーンブロートの生地にオーガニックくるみとオーガニックレーズンをたっぷり混ぜ込んだ食事パン。
このビールの隠れた味わいはゆずと山椒。
このスパイスが個性あるスパイシーなパンと相性がぴったり。

パンの説明です。
兵庫県芦屋にある「ベッカライ・ビオブロート」さん。
JR「芦屋駅」阪神「芦屋駅」「打出駅」から徒歩8分にある小さなお店。

以前この周辺に住んでいたので、今も懐かしく思います。
ドイツ語でベッカライは「ベーカリー」、ビオは「バイオ」、ブロートは「ブレッド」のこと。
ドイツで製パンを学んだ松崎太さんが朝早くか石臼弾いてオーガニックの材料を使ってパンを作ってます。

店に並ぶパンは全部で17種類ほど、そのほとんどが色が濃い全粒粉100%のパン。

*リンデのプレッツェルと『J-CRAFT 芳醇のペールエール』(醸造:ベアードブルーイング)

お酒の強い方は、ホップの心地よい苦味があるしっかりとした味わいがお勧め。
このビールには、塩味効いた吉祥寺にある 『リンデ』さんのプレッツェルなどと合わせるのがいい感じ。

『J-CRAFT』のビールは品川にあるクイーンズ伊勢丹で見つけました。

全種類並んでます。

お家で可愛いビールグラスで頂くと女子力アップします。

*今回購入したパン屋

ベッカライ・ビオブロート
兵庫県芦屋市宮塚町14-14 1F
営業時間 9:00~18:30
定休日 火曜・水曜

リンデ吉祥寺本店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27
営業時間 10:00~20:00
[イートイン]
10:00~19:30(L.O.19:00)
ランチ営業、日曜営業
定休日 無休(除く年末年始)

スイーツ&ベーカリー ル・パン神戸北野
兵庫県神戸市中央区山本通2-7-4
8:00~19:00
定休日無休(イベント時を除く)


一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事