パン屋さんを巡る旅メディア パンめぐ

facebook
instagram

あんぱん特集

老舗のこだわりと季節のあんぱんを味わうパン屋巡り・銀座木村家総本店。

2018年03月13日

パンめぐの3月の特集は、"にっぽんのパン・あんぱん特集"❣️
春らしくなるとなんとな〜く和風のあんぱんの季節な気がしますネ!

銀座木村家本店はあまりに有名ですが、パンを焼く厨房はなんと銀座4丁目にある本店ビルの7、8階にあるそうです。

ここでしか味わえないあんぱんが並んでます。

今回久しぶりに2階にあるカフェで静かなバックミュージックを聴きながらあんぱんと珈琲を頂きました。
ゆったりとした店内は外国の方にも人気、静かな時間を過ごすにはあたらめていい場所だと再確認。

サービスもいい感じ〜。

酒種あんぱんのこだわりとは❓
①酒種酵母
明治7年に開発された酒種(さかだね)あんぱんを受け継いで140年以上。
酒種は米、麹、水から出来て現在まで受けがれてます。
②イーストとの違いは❓
イーストも酒種も同じ酵母と言う仲間ですが、増殖するために栄養源として食べるものが違います。
一般に市販されているイーストは、砂糖を製造する過程でできる糖蜜を栄養源として化学的に管理された機械ラインで大量に製造されますが、米と麹と水から作られた発酵種の酒種は米を栄養源とし、空気と水のきれいな所で自然の中より酵母菌を採取し、麹を手助けとして日数をかけて増殖します。
③あんぱんに最適な生地
小麦粉は酒種あんぱんに最適な仕様に調合した小麦粉を製粉所に挽いてもらって使用。
生地の発酵管理があんぱんの品質に影響を与えるので常に見極めて調整しているんですね。
酒種あんぱんの生地は温度は0.1℃、湿度は1%の精度で発酵状態を管理しています。職人は生地を見極めて調整しています。
④国産あずき
小豆は北海道の十勝周辺で採れた厳選した小豆を使用しています。
酒種桜あんぱんのへそに埋める桜の花びらは一年間味が変わらないように梅酢で漬け込んだ後、一つ一つ手でつんで、塩に漬けて仕上げています。

*小倉あんぱん

私の中でいつも食べたくなる昔から変わらないあんぱんの原点。

*桜あんぱん
1階の店内では籠の中に試食用の桜あんぱんがあります。

織り込んだ桜あんには、春らしさがあふれてて、餡の甘味と桜の塩漬けのバランスが絶妙で上品な味わい。

桜あんぱんのブレイクスルーは明治天皇に従事していた山岡鉄舟と出会いでした。
この出会いによって、明治8年には明治天皇への桜あんぱんの献上が実現したそうです。
この一大イベントが成功したことで、話題となり店も繁盛店になり、木村屋は発展を遂げたのでしょう。

*酒種 桜道明寺
道明寺餡のもちもち感と桜葉の香りが春らしい、それと色合いもピンク色可愛い。

*チーズクリーム

これは子供に向いてるかもチーズクリームが甘くて食べやすい。

この小ぶりな大きさのあんぱんなら数種類食べれます。

*桜あんバター 221円
一味違う西洋風あんぱんと私は呼んでます。
フランスパン+あんこ+ポイップバターが絶妙❗️

この時期限定の桜あんバター。
ホイップバターもピンク色でこちらも可愛いバージョン。

あんぱんではありませんが、2階のカフェではサンドイッチも人気。

本日の日替わりランチ 1080円 ミンチカツサンド

プチサラダと飲み物が付きます。

ボリュームたっぷりのお肉とマヨネーズ味のキャベツが絡み少し厚切りの食パンで美味しい。

年齢層も幅広くみんなから愛されてるパン屋さんですね。

そして・・・・。

4月4日はあんぱんの日です。

お店の方によると今年もなにかしら特典があるみたい。

まだ公表できないので言えませんが楽しみです。

あんぱんの種類

* クリーム(195円)
* ジャム(195円)
* 白(162円)
* うぐいす(162円)
* けし(162円)
* 小倉(162円)
* 桜(162円)
* いちじく(195円)
* 桜クリームパン(216円)
* 桜道明寺(184円)
* 銀座栗(195円)
* チーズクリーム(184円)


パン屋さんのご紹介

銀座木村家本店
東京都中央区銀座4-5-7 MAP
電話番
03-3561-0091
営業日
定休日:無休(大晦日、元旦を除く)
営業時間: 1F ベーカリー:10:00~21:00
2F カフェ:10:00~21:00/LO20:30
3F グリル:10:30~21:00/LO20:30
4F レストラン:ランチ11:00~15:00/LO14:30 ディナー17:00~21:00/LO20:00



ホームページ
http://www.ginzakimuraya.jp/

一覧へ

この記事を書いた人

大谷りえ子

大谷りえ子 さん

三食、パンでも困らないくらいパン好き。 13年間の海外生活から見えた日本のパンの美味しいに気づき、パン屋さんを巡ってます。 この感動を皆さんに伝えたくFBページ「ハード系パンの食べ比べ」でほぼ毎日更新!BLOG→http://ameblo.jp/rie-092760

関連記事